8月 12 2016

どこの通貨に投資するのが良い?投資先通貨の選び方

Published by under 外為

投資には色々な種類があります。例えばメジャーなものをあげると、株式会社の株を購入する投資というものが挙げられるでしょう。この他にも様々な方法があり、どれが良い方法であるのか、というのは一概に言えることではありません。しかし、どの投資方法であっても共通しているのが「リスク」と「リターン」が基本的には釣り合っているものである、ということです。投資したリスク以上の効果が得られるということは基本的にはあまりありません。

このリスクとリターンを両方引き上げる事ができるのが「レバレッジ」というものをかける事ができる「通貨取引」です。昨今ではFX取引という名前で呼ばれることもあるこの方法は、だんだんと投資家の間でスタンダードなものになってきました。ただ、初心者の方からするとFX取引も難しいポイントが多くあります。その中でも特に気になるのが「どこの国の通貨を購入するのが良いのか?」ということではないでしょうか。そこでここでは、投資先通貨の選び方と、おすすめについて紹介します。

投資先通貨を選ぶ場合、その通貨を取り巻いている環境について気を付ける必要があります。例えばその国がどのようなものを算出している国であるのか、その算出について昨今で変動はあるのかどうか、これらは重要な指標となります。また、その国の政治的な動向などについても見極めつつ、信用することができる通貨であるのかどうかを考えなければなりません。

ただ、初心者がいきなり値動きの大きい不安定な通貨に手を出すというのは危険が伴います。そのため、まず初めは為替取引の雰囲気をつかむためにも、比較的安定している国の通貨から始めるの通いでしょう。例えば米ドルなどは安定傾向にあるもので、比較的大きな損失が発生しにくいものとなっています。海外からすれば、日本円も安定している通貨であるため、世界的な情勢が悪化しているような時には進んで購入されるようになっているわけです。

No responses yet

8月 04 2016

FX会社はスプレッドで選ぼう。

Published by under 外為

FXをするうえで、FX会社を決めることがまず最初の課題です。
FXは証拠金取引になりますから、資金(証拠金)を業者に差し入れてそれを担保に取引を行わなければなりません。

いろいろな比較方法がありますが、「取引コスト」にも注目してみてください。
FXの取引コストには、
・売買手数料
・スプレッド
の2種類があります。
ただし、現在のFX会社の多数は売買手数料が無料のところがほとんどです。
となると、スプレッドで選ぶ、ということになってくるでしょう。

スプレッドとは、為替レートに存在する買値と売値の差を指します。
たとえば、米ドル/円が
「1ドル=100.10~100.15」
となっている場合、
・売値・・・100.10円
・買値・・・100.15円
という意味です。
この為替レートの差額がスプレッドとなり、FX会社に支払う手数料だと思ってください。
FX会社の収入源となっていますので、こちらが無料という業者はありません。

また、スプレッドは
・原則固定
・変動幅がある
というFX会社に分けられますので、どちらが良いかということも主観で選ぶことが重要になると思います。
固定のメリットとしては、相場急変時や流動性が低下したときなどでもスプレッドが変わることがないことです。
デメリットは平常時ではもっとスプレッドの狭い取引ができるFX会社がたくさんあるので、損をしている気になるかもしれないことでしょうか。
変動のメリットとしては、常にスプレッドが狭いときに取引ができるということ。
デメリットは相場の急変時や流動性低下時などに大きな影響を受けやすいことが挙げられます。

それぞれのFX会社で、
・米ドル/円
・ユーロ/円
・英ポンド/円
・豪ドル/円
・NZドル/円
・ユーロ/米ドル
というように通貨ペアによってスプレッドはすべて異なりますから、ご自分が取引をしようと考えている通貨ペアで最もスプレッドが狭い業者が良いでしょう。

ウェブ検索をすれば、さまざまなFX会社のスプレッドを比較しているサイトが見つかります。
できれば複数のサイトを参考にし、業者選びをしてみてください。

No responses yet

8月 01 2016

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

Published by under 外為

投資にはいろいろな種類があります。金や原油、砂糖などといった商品先物に投資する方法。外国為替の売買をするFX。各企業の株式を取引する株式売買。市場における複数の株式銘柄の株価から算出される株価指数を取引することもあります。これらに共通していえることは、何を取引するにしても、きちんと情報収集をし、分析をすることが、利益追求のコツであるということです。

分析の方法は大きくわけて2種類あります。テクニカル分析とファンダメンタルズ分析です。それぞれどのような分析方法なのかについてご紹介します。

まず、テクニカル分析からご説明しましょう。テクニカル分析とは、機械的にグラフを読むことだといえるでしょう。過去の値動きパターンを読み、現在の値動きを過去のパターンに当てはめ、今後どうなるかを予測することです。プロの投資家やご自分の分析に自信のある方は、チャートに様々な線を書き込んで、自分なりの分析をして売買を決定しています。きちんとパターンに当てはめていくと、感情に流されてついつい売買のタイミングを逃してしまったり、ということが減るでしょう。

もうひとつの分析方法、ファンダメンタルズ分析とはなんでしょうか。ファンダメンタルズとは、「基礎」という意味の英語ですね。経済用語としては、「経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで、経済の基礎的条件」などと定義されています。テクニカル分析がグラフの読み方だとすれば、ファンダメンタルズ分析はグラフには表れない前提条件についての分析だといえるでしょう。例えば、ある会社の株式に投資しようと思ったら、その会社はどのくらい成長しているのか、債務はどれくらいあるのか、収益はどれくらい上がっているのか、新商品や新発明などがありそうなのか、などを調べますね。そして、投資する価値がある会社だと思えば株券を買えば良いですし、倒産しそうだと思ったら手放した方が良いでしょう。FXなら通貨ペアの国の、株価指数取引ならそのマーケットのある国の、経済成長率や失業率、物価上昇率、財政収支の赤字/黒字、貿易収支の赤字/黒字などが参考になります。

より良い投資家になるためには、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、両方を大切にしてくださいね。

No responses yet

7月 31 2016

FXはじめるならM2Jがおすすめ

Published by under 外為

FXをしているけれど、いまいち利益を得られていない方。これからFXを始めたいけれどどう始めたら良いかわからない方。FXについてある程度情報収集はしたけれど、FX会社選びに迷っている方。おすすめは、マネースクウェアジャパン(M2J)です。M2JのFXで資産運用するメリットについて、様々な点から考えてみたいと思います。

マネースクウェアジャパンといえば、「トラリピ」です。トラリピとは、マネースクウェアジャパン独自のシステムで、特許を取得しているものです。レートの上がったり下がったりというタイミングを見極めて売買するのがFXですが、24時間365日レートに張り付いているのは無理です。でも、トラリピなら「レンジ」といって一定の幅の値動きをしたら、自動的に売買を繰り返してくれる仕組みがありますから、売り時/買い時を逃すことがありません。トラリピを続けていれば、仮にあなたが眠っているときや遊びに出かけているときに大きな値動きがあったとしても大丈夫なのです。

それから、マネースクウェアジャパンは、初心者向けのセミナーを積極的に行っています。専門家がいろいろな授業をしてくれる、実際に会場に行って参加するタイプのセミナーもあれば、いつでもどこでも誰でも視聴できるオンラインセミナーもあります。様々なサイトでFXの情報を集めていても、何が必要な情報なのかよくわからなかったり、これまでの投資方法に満足していないという方は、より良い情報を求めて、こういったセミナーを受講してみたら良いと思います。

以上のように、マネースクウェアジャパンのFXには魅力がたくさんあります。詳細はこちらのサイト(M2JFX)からぜひチェックしてみてくださいね。マネースクウェアジャパンで取引をしたいと思ったら、まずは口座開設からです。個人・法人、どちらでも口座開設できますし、オンラインで手続きできますから、思い立ったが吉日、まずはサイトを訪問してみてくださいね。

No responses yet

7月 27 2016

FXは売りからの介入も可能です

Published by under 外為

投資には様々なものがあります。
マンションやビルなどを購入して貸すことで賃貸料を得ることができる不動産投資。
企業が発行している株を売買して利益を得ることを目指す株式投資。
他にも債権や原油・金・銀などを売買する方法もあります。

様々な投資がありますし、最近はCFD(差金決済取引)などを利用することで様々なものに気軽に投資ができます。
投資初心者の方や資本金が少なくても、上手に売買すれば利益を得ることができる。
そのため、投資に興味を持つ方が増えてきています。

投資に興味がない方でも、株式投資やFXなどは耳にしたこともあるでしょう。
FXという横文字を聞いて、聞き覚えがあるけれどよくわからない。
そのような方もいるでしょう。

FXは外国の通貨を売買して利益を得ることを目指す投資です。
日本では外為と略されることもあります。
例えばアメリカドルが今日は1ドル100円でも、明日には102円に上がることもありますよね。
100円のときに買って、102円になったら売る。
これだけで2円の利益を得ることができます。
これがFXの投資の方法です。
とてもわかりやすい投資の方法ですし、価格の上下も数円単位と少ないため、大きな損失を出すリスクを減らして投資ができます。

そしてFXは、買いポジションからだけでなく売りポジションから始めることもできます。
要するに、アメリカドルならば100円の時に売ることから始めて、98円に下がったら買い戻す。
これで2円の利益を得ることができますよね。
FXでは価格が下がったとしても売りポジションから投資を始めることで、十分に利益を得ることが可能となります。

もちろんアメリカドル以外にも、ユーロなどの他の外国通貨でも投資の方法は同じです。
日本は金利が低いのが特徴ですので、高金利の通貨を購入するときに発生する金利差(スワップ金利)を狙うことで、さらに利益を得ることもできます。

投資は難しいものだから…疑問が多すぎて始められない…
そのような初心者の方でも、始めやすいFX。
もちろん損失を出す可能性もありますので、資本金以上の損失を出さないように上手に取引することを忘れないでください。

No responses yet